吉野鶏めしとは?

大分県南部、現在の大分市吉野地区で、江戸時代末期に作られるようになったと言われています。

吉野鶏めしの歴史

<頑固なまでに受け継がれてきた郷土のおもてなし>
大分県中南部、自然豊かな吉野地区に古くから伝わる家庭料理です。江戸時代末期に猟師が雉などの鳥を使って作ったのが始まりと言われております。お客様のおもてなしの料理として、また地区での打ち上げなど、人が集まる時には欠かせない郷土の料理として、代々伝えられ大切に受け継がれてきた味です。この美味しい伝統の味を食べやすいおにぎりにし、販売を始めました。素朴でどこか懐かしい味が好評を頂き【大分一村一品】にも指定されました。また、漫画【美味しんぼ】の九州編にも掲載され、そのシンプルで独特のおいしさが更に知られる様になり、ず~っとず~っと皆様に愛され続けております。

素材へのこだわり

<シンプルな調理法だからこそ、とことんこだわった素材を使用>
・米のこだわり
お米は独特のモチモチ感と粘りを持ち、冷めてもパサつかずおにぎりに持って来いの国内産の米を使用。
・具材のこだわり
国内産の鶏とゴボウをたっぷり使い風味とコクのある味にしております。シンプルな調理法だからこそ、とことんこだわった素材を使用。具材を炒めるときには鶏肉の油だけを使っております。

ダイショクの吉野鶏めし

<一つ一つの質にこだわり抜いたダイショクの自慢の一品>
伝統の味と作り方にこだわった【吉野鶏めし】
出来上がった具を炊きたてのご飯に混ぜ込んで作ります。一釜ずつ時間をかけて、じっくりと丁寧に手作業することで、鶏の旨味とコクを充分に引き出しふっくらとおいしい鶏めしが出来上がります。